過払い金の有無を知る方法!

サラリーマン
・過払い金があるかどうか知りたい
・いくら過払い金があるか知りたい

しかし、いきなり弁護士に相談するのは抵抗はありませんか?

弁護士に電話をするとか、訪問するのはなかなか勇気のいることです。
そこでできた便利なサービスがあります。

過払い金がありそうなのか?
どれぐらいもどってきそうなのか?

過払い金を無料で調査してもらえるサービス、
それが借金減額診断シミュレーターです。

弁護士事務所や司法書士事務所が運営していますサービスだけでなく、中立的な立場で運営している企業の借金解決ゼミナールというサービスもあります。

インターネットが普及したことにより、今までになかった便利なサービスが無料で受けることができる良い時代。
ぜひ、それら便利なサービスをぜひ活用しましょう。

自分で過払い金を取り戻す、過払い金請求の流れ

<% pageTitle %>

「弁護士に依頼すると費用が発生するから、自分で過払い金請求をしたい」と考えている方もいると思います。

せっかく取り戻せるお金があっても、弁護士費用で消えてしまうのであれば意味がなくなってしまいますからね。

では、自分で過払い金請求をする際には、どういった流れで手続きを進めれば良いのか、ご紹介しましょう。

まず、請求を行う際には、取引履歴を知ることが必要となります。

手元に書類が残っていない場合には、利用業者に取引履歴を依頼しましょう。

そして、その取引履歴を確認しながら、計算を行い過払い金があるのかどうかを判断していくことが必要となります。

インターネット上では、簡単に計算出来るサービスを提供しているところもありますから、こういった物を使って確認していきましょう。

過払い金があると分かれば、利用業者へ過払い金請求を行っていくことになります。

そして、和解交渉を行っていくことになり、交渉が成立しなければ、裁判所へ請求訴訟を起こすことになります。

その後は、裁判を行いながら和解交渉を進めていくことになります。
そして、和解となればお金がもどされることになります。

自分で手続きを行う際には、時間や手間がかかることになりますから、これらも考慮した上で手続きへと進めるようにしましょう。

手続きをすれば、すぐにお金が戻ってくると思っている方もいると思いますが、自分で進める場合にはある程度の期間が要することを理解しておきましょう。

また、弁護士や司法書士などの専門家でないあなたが手付きする場合は、業者になめられてしまい、戻ってくる金額も少ない場合も少なくありません。

手間や戻ってくる金額などいろいろ考慮すると、弁護士や司法書士に依頼しておいた方がお得という場合もあります。

なので一度無料相談を受けてから、自分で手付きを行うのかを判断すればよいでしょう。

案ずるより産むが易し!

借金を減らす方法を専門家に相談したい!

過払い金があるかどうかだけでなく、
借金を減らすための方法を専門家に相談したい。

しかし、弁護士が良いのか、司法書士が良いのかわからない。

悪徳な弁護士や司法書士もいる、と聞くのでどの事務所に相談して良いかわからない。
そのような悩みはないでしょうか?

だいじょうぶです!

あなたの債務の状態に応じて、あなたに合う事務所を探す方法があります。
それが「借金減額診断シミュレーター」です。

完全に無料で利用できるだけでなく、匿名で利用できます。

いろいろな弁護士事務所や司法書士事務所から「借金減額診断シミュレーター」によるサービスが始まっているので、ぜひ活用してみましょう。

過払い金請求の方法

「自分で、過払い金請求をしよう」と考えている方は、方法が分からない方もいると思います。

<% pageTitle %>

「時間がかかっても、自分で進めていきたい」と思っている方もいるでしょう。
では、過払い金請求の方法について、ご紹介しましょう。

まず、訴訟を起こす際には訴状が必要となります。

訴状は、正本と副本の2通が必要となってきますので、しっかりと準備しておきましょう。

また、証拠説明書、取引履歴、計算書、登記簿謄本といった書類も必要となります。

訴状に関しては、「どうやって作成するの?」
と思われる方も多いと思いますが、
インターネット上からも雛形をダウンロードすることが出来ますから、こういったものを活用して作成していきましょう。

「自分で請求する際には、どのくらいの費用がかかるのだろう?」と思われる方もいると思いますが、
費用は請求時に印紙代と郵便代、登記簿謄本取得費用が発生します。

印紙代は、請求金額によって変わってきます。
郵便代は、6,000円前後。登記簿謄本取得は600円程度必要となります。

訴える際には、管轄裁判所にこれらの書類を提出することからはじめましょう。

訴訟を起こすと、判決まで進める必要があると思っている方も多いと思いますが、必ずしも判決まで進める必要はありません。

その前に、和解交渉が出来ればそこでお金は戻ってくることになります。

このように、自分で過払い金請求を行う際には、
書類なども全て自分で揃え、進めていくことが必要となりますので、
インターネットなどを利用して進めていきましょう。

まとめ

過払いがあるのかを調べてほしい場合は、
「借金減額診断シミュレーター
」を利用するのがおすすめです!

タイトルとURLをコピーしました